Dance with Byunghun

BHssiに踊らされる私とその日常生活を紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと抜け殻

BHssiも無事に帰国したようで、嵐のような1週間がやっと終わりましたね。
なんだか心の中にぽっかり穴があいたみたいにちょっと寂しい・・・
070121-01.jpg  070121-02.jpg
    070121-03.jpg  070121-04.jpg
またこんな笑顔に再び出会えるのはいつでしょうか?

【続きはこちら】
スポンサーサイト

イ・ビョンホンとスエ

ジャパンプレミアで生BHssiを堪能した後、興奮が冷めないまま『夏物語』の上映がありました。
070120-01.jpg


始めて見る字幕付きの『夏物語』。
やはり韓国で見たものとは違っていました。
エンドロールの曲が代わったため、韓国のエンディング“Yesterday when I was young”の挿入されてるシーンの音楽は差し替えられていたし、その曲にまつわるシーンも一部カットされていました。
まあ、それは仕方ないかも。

それでも美しくて切ないストーリーになぜか引き込まれて、静かで悲しい雰囲気が漂う中にも熱く感じるものがありました。
それが何なのか、どうしてこの映画で私は心を揺さぶられるのだろうか?

答えはスエちゃんにあるような気がします。
以下、ネタバレなしで簡単に感想を。

【続きはこちら】

舞台挨拶レポ

こんばんわ^^

昨夜の興奮からまだまだ冷めず、今朝も頑張るビジネスマンとバックパッカーの外国人旅行者で満席の始発の新幹線に乗って帰ってきました。

職場に直行して眠たい目をこすりながらお仕事中、必死に睡魔と戦いながら暇を見ながらレポ作成。

これが意外と時間かかった。

実は、今回はできるだけ詳しくお伝えしたいと思い、メモを取りながらのイベントだったのですが、双眼鏡とペンを交互に持ち、暗闇で手元が見えないし、肉眼でもしっかり見たいから、殴り書き状態。
そして、自分の字がよめない、文章が解読できない・・・・

結局役立たず~なメモだということで、解読できたところだけでのご報告です。
かなり長いのでお時間のあるときにどうぞ<(_ _)>
それでは、始まり始まり~

VFSH0059.jpg


【続きはこちら】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。