Dance with Byunghun

BHssiに踊らされる私とその日常生活を紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

こんばんわ^^

BHssiの権利擁護に関して、レポはOKとのことなので、「アリーナツアー」、「Happy Birthday to LBH」、「ジャパンプレミア」のレポは復活させました。

2005年10月以降、JOFC及びマネージメント会社が関わったカレンダー、イベント、グッズ etc の画像は全て削除しました。
もし削除し忘れて残っているものなどがあればお知らせください<(_ _)>

今後はニュースサイトなどに上がった画像、ドラマ・映画などのキャプチャーについては、BHssiのイメージ(ってどんなイメージ^^?)を崩さないよう画像の2次加工は行わず、そのまま利用させていただきます。

以上、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

私なりの解釈

こんばんわ^^

今回のイ・ビョンホンの権利擁護に関して、私なりの解釈と結論を申し上げたいと思います。

朝鮮日報 → イ・ビョンホンが日本で公式ファンクラブ発足へ 博報堂DYと提携
2005年の記事ですが、ここが全ての源だと思うのでこの記事を読み直してみました。

なぜ【会員限定】のインフォメーションなのか。
問題となっているのは、「イ・ビョンホンの権利」ではなく「イ・ビョンホン ジャパンオフィシャルファンクラブ」の権利が侵されているということなのではないのでしょうか?

会員限定コンテンツや2005年10月以降、BHssiが日本で活動した画像、動画、ファンクラブが関わったイベントや各種出版物、報道されたメディアなどの権利が侵害されている。
BHssi1人の権利ではなく、そこにはもう企業としての権利が発生してしまっているのです。
だから、ファンクラブ=管理会社が危機感を持った。

Planetや韓国ルバースに「BHエンターテイメント」としてのコメントが寄せられていました。
FCのコメントだけでは理解できなかった理由が説明されていると思います。
1万人を超えるファンクラブは巨大な組織です。
一部のファンの暴走でファンクラブ自体の存在を否定されかねない事態にあるというのです。
 追記: 公式でも、同じコメントが日本語訳にてアップされています^^
      これまた【会員限定】

自分も含めて、ファンクラブ会員の認識の甘さと無知の結果、ファンクラブ会員でないファンや、さらには海外のファンにまで迷惑をかけてしまったのかと思います。
過去ログも含めて、日本の公式サイトが関わった(=公式サイトの管理会社の携わった)すべての画像と記事は非公開にします。

ドラマや映画、韓国でのメディア画像やCMなどは今回は含まれないと思います。
某カメラマンさんや某ボクサーさんだってツーショット画像をブログで出してるから、ある程度の許容は許されていると思っています。
けれども、『美しき日々』にしても『純愛中毒』にしても、権利は韓国の放送局や映画会社にあるのは事実です。
これらの権利を侵さないように、今後も応援していこうと思っています。
あくまでもここは趣味のブログということで(*^^)v


【続きはこちら】

さて・・・

こんばんわ^^

ちょっと近況報告を。

先日、妹がめでたく入籍し、今日引っ越しました。
両親はまだ仕事の都合で遠方に住んでいて、いよいよ私1人の生活が始まります。
(ちなみに、私は独身です(^^ゞ)

いままで2人分のご飯を作り、2人分の洗濯をして、私はあんたの家政婦か!?
と何度も頭に来た事がありましたので、やれやれ・・・

1人になったところでゆっくりとブログと向き合おうと思っていた矢先、いきなり洗面所と玄関の蛍光灯が切れました。
真っ暗です(T_T)

チビなので、今まではイスを2段重ねて「あんた、しっかり押さえといてや~」と言いながら電球も換えることが出来てました。
いきなり、ひとり生活の壁にぶち当たり、ちょっと寂しくなりました~(((T-T)))
(1人でひっくり返りそうになりながら、電球交換無事完了(-"-))

【続きはこちら】

BHssiを愛する皆様へ

こんばんわ^^

今朝、公式でBHssiの権利侵害に関するお知らせが出ていました。
これが【会員限定】なので、会員でない方は一体なんのこっちゃ??ですよねえ。
でも、詳細を言えないんです。
なんか矛盾してますよね?

不明な点、不快な点、疑問、難問、山積みです。
まあ、そんなにナーバスになる必要もないのかなと思ったり。

今週の月9ドラマ「ガリレオ」で、とある登場人物が「人間が便利になろうとした科学の発展の裏には代償もある」というようなことを言っていました。
いろんな情報をみんなで共有できるパソコンもネットもその1つ。

だけど、アリーナツアーの成功はファンのニーズをリサーチしたプロデューサーさんの賜物です。
きっとそこにはそれぞれのブロガーさんの思いが反映されているはず。
だからファンブログが完全に否定されているとは思いません。
ただ、節度をわきまえて、最低限のマナーは守らないとね。

私は今までどおり、変わりなくブログを続けたいと願っています。
「それはあかんで」ということがあればBHssiも公式さんも言って下さい。

これからも「ビョンホンブログ界」が今までと変わりなく、和やかで楽しいファンの交流の場であり続けることを祈るばかりです。

【続きはこちら】

お盆休み

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。