Dance with Byunghun

BHssiに踊らされる私とその日常生活を紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリーナツアーDVD

こんばんわ^^

やっとツアーDVDの本編を鑑賞しました。
買ってきてからずーっとテレビの側で待機していたDVD・・・
1人でゆっくり鑑賞する時間を捻出するのも意外と大変ねえ。

マスカレードを踊ってる姿を見ながら、これがあのレッドカーペットを歩いてたイ・ビョンホンと同じかあ・・・と感慨深げに楽しみました。
わずか半年前、踊り、歌い、ピアノを弾いて、茶目っ気たっぷりの表情を見せてくれたイ・ビョンホン。
これから、チャンイになり、ドンポ親分になり、ストームシャドーを演じるBHssiに期待してますo(^-^)o

さて、特典ディスクはいつ見れるのでしょうか^^??
スポンサーサイト

レッドカーペット

こんばんわ^^

3年ぶりのレッドカーペット。
今年のBHssiは素敵でした♪

カンヌ映画祭公式サイト← 5月25日現在『奴X3』の4人がトップページを飾っていますo(^-^)o

動画画像いろいろ
(Daumカフェは片っ端からクリックしていくといろいろ画像が出てきます。)
動画は6分あたりからBHssi登場します。
ジウン監督の隣にBHssiがいるのに、インタビュアーの頭が邪魔して、BHssiが見えそうで見えない(>_<)
少々ストレスが溜まる場面もありますが、タキシード着る男4人は圧巻です。
そして、BHssiやジウン監督以上に、2年連続でレッドカーペット歩いてるガンホさんに脱帽。
いい作品選んでるんですね。

後は日本の公開を待つのみ??
日本のメディアも取材に行って注目してるようですし、公開の可能性がないわけではないのかな??

シネマトゥデイ → イ・ビョンホンの西部劇、三池崇史作品との違いは?【第61回カンヌ国際映画祭】
Variety Japan → ビョン様主演、カンヌで韓国流ウエスタン上映
asahi.com → カンヌ映画祭フォトギャラリー

【続きはこちら】

Welcom to Cannes!

こんばんわ^^

BHssi、ようやくカンヌ映画祭に登場しました~~o(^-^)o

撮影の忙しい時に寝る間も惜しんでのPR活動、がんばってください。
明日はレッドカーペットかな??
とりあえず、記者会見での画像が出たので一安心。
画像はこちらこちらこちら

なんだかすっきりした顔立ちで、いいんじゃない?
個人的には3人そろってゲッツm9( ̄∀ ̄)9mゲッツ!!ポーズがチョアヨ~♪
【続きはこちら】

チャンイのインタビュー

CJ Entertainmentのサイトに『奴X3』のサイトがオープンしました。
最初のポスターが公開されたのは、昨年のカンヌ映画祭でPRするためでしたね。
あれから1年、無事に撮影&編集が終わって出品できてよかったよかったヽ(^。^)ノ

トップはこちら
そして『奴X3』のサイトはこちら

Cast & CharactersのページにBHssiのインタビューも出ていたので、簡単に訳してみました。
間違いもあるかもしれませんが、ご了承ください<(_ _)>

ネタバレあるかもしれないのでご注意を!!

【続きはこちら】

カンヌ映画祭

こんばんわ^^

なかなかPC時間をゆっくり取れずに過ごしている今日この頃です。
引越しの荷物も片付いて、残すは私のBHグッズのディスプレーのみo(^-^)o
若干陳列スペースが減ったものの、場所はしっかり確保したから堂々と飾ろうっと♪

さて、第61回カンヌ映画祭がはじまりました。
『奴X3』の動画もチラホラと。

AFP → 【動画】カンヌ国際映画祭に見る、アジア映画の傾向とは?
canal+ → Cérémonie d’ouverture - le 14 mai - Festival de Cannes 2008
 (2008年カンヌ映画祭 5月14日 開会式 10分頃にチャンイ登場です)

両方ともガンホさんでもなく、ウソン君でもなく、BHssiが登場するのがいいですねえ^^
画になる男の証拠かな~ヽ(^。^)ノ

撮影で忙しそうですが、無事に4人そろってレッドカーペット歩けますように・・・

【続きはこちら】

ブレない男

こんばんわ^^

連休の引越しで、少々バテ気味の今日この頃^^;;;
2人の生活もまだまだお互いの生活パターンを手探り状態で、微妙な緊張感が。
まあ、ボチボチなれていくのでしょうね。

そんな緊張をほぐしてくれたフィルムツアー。
久しぶりにBHssiに癒してもらいました(*^^)v

【続きはこちら】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。