Dance with Byunghun

BHssiに踊らされる私とその日常生活を紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓流のHERO~イ・ビョンホン①

昨日は何の予告もなく更新をお休みしてると
今日出社してるー?
ブログ めずらしく無断休暇?になってるから心配で。
風邪なんともないといいけど。

と友人からメールが。

ごめんねえ。
昨日の夜はコメントレスで、親指の力尽きて更新を断念しちゃったのよ~(T△T)

BHネタもないし・・・
ってことで、今日は番組のご紹介。

おっとその前に イ・ビョンホンらが8日の韓国映画保護集会に参加という記事が。
スウリーンクォーター制度(国産映画の義務上映制度)を守る集会に参加するそうです。
難しい問題ですよね。
外国の文化(映画)を幅広く受け入れると、国産映画の上映日数や場所が減るし、国産映画を守ろうとすれば、文化交流の壁が出来てしまうし・・・


ケーブルテレビのLaLaTVで放送された
INSIDE MOVIE STAR 韓流のHERO~イ・ビョンホンより
HERO1.jpg


「JSA」の公開直前、イ・ビョンホンはやつれていた。撮影の苦労 演技への評価などストレスがあったからです。

「バンジージャンプする」の試写会には元気に現れました。この2作品で演技と興行性の両立した俳優と評価されました。

Q 興行俳優とよばれて
興行が成功し収益が増える。それが俳優の持つ力ならもちろん良いことです。でも“興行俳優”は流行に左右されます。その時期が過ぎ去ってしまえばまた別の興行俳優が誕生します。興行俳優と演技派俳優は自然と別れてくるものです。

HERO2.jpgQ 俳優としての夢は?
俳優としての夢は俳優になるまでありませんでした。
確かに小さなころから映画が大好きでしたが単に好きなだけで映画を仕事にするとは思いもしませんでした。
まして自分が俳優だなんて・・・皮肉ですね・・・まさか俳優の道に進むとは。
不思議です。
俳優になってからでさえ道を誤った気がしていました。
そんなふうに俳優として踏み出しました。
そのうちにゆっくりと道が見えてきた・・・そんな気がします。


これは2001年の『バンジージャンプする』の撮影前後のインタビューのようですね。
彼が何を考え、何を思いながら映画俳優としての人生を歩みはじめていたのか・・・そんな様子が少し垣間見れるインタビューです。
少しずつご紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメントさんへ

始めまして。
お知らせありがとうございます。
私も彼の言葉が心にジーンと響きました。
早速、最新記事で紹介させていただきました。

よかったらまた遊びに来てくださいね(^O^)/

  • 2006/02/09(木) 00:33:55 |
  • URL |
  • みみしゃ #
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006/02/08(水) 23:56:28 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

pontaさんはメールしたからレスパスですm(__)m

  • 2006/02/08(水) 22:13:09 |
  • URL |
  • みみしゃ #
  • [ 編集 ]

びっくり~

みみしゃさん、こんばんは~
今、借りたDVDに入っていたこの韓流のHEROを見ているとこです~
もう寝ようかな?と思って、ちょっとのぞきにきたら、
なんとこのネタがUPされていて。。びっくり~
私、この番組はどこかで見させてもらったきりだったので、
すごいひさしぶりに見てます・・
プレイヤーしかないので、保存できないのが痛い(爆)

  • 2006/02/08(水) 00:42:17 |
  • URL |
  • ponta #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。