Dance with Byunghun

BHssiに踊らされる私とその日常生活を紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわりを見て

ようやく『ひまわり』を見ました。
正直ストーリー的には核心的なものがなにもなくて、終わったときの感想は「で、続きは?」と思ったほどあっけないもの。
もう少し深く掘り下げて欲しかったけど、BHssiの持ち味は十分に発揮されていたと思います。
個人的にはかなり好きな部類に入りますo(^-^)o
で、この場面はどこにあったの? 20060225125551.jpg

以下、ネタバレです。

それにしてもテソンが二重人格だったとは。
自分の中にいるもう一人の自分と真実の愛を奪い合う・・・というのがストーリーでしょうか?

<表の顔> himawari1.jpg純粋にスンヒのことが好きなテソンだと思いました。
キラースマイルが炸裂して、とても紳士的。
食生活を心配したりストーカーに悩む彼女のことを親身になって相談に乗り、アドバイスする姿。
心からスンヒのことが好きだったのだと思います。
自分を信じて欲しい 
そうやって彼女を脅かす存在から守りたかったのでしょうか?
テソンの一途な気持ちが空回りしているのが少し気の毒に思えるぐらい、前半はテソンを応援していました。
でも、この微笑の裏に別の顔が隠されていたとは・・・


<裏の顔> himawari3.jpgしかし、ストーカーの正体はこのテソン本人。
スンヒとdarkという名でパソコン通信しているのもこの人物。
dark=闇 誰にもみとめられることなく、孤独の中に生きることに悩み苦しみ、スンヒを愛していったのではないでしょうか?
板前さんとして働いている時ももう一人の自分ですよね。
あの陰険さ、神経質なところはどう見ても表の顔ではありません。
himawari4.jpg



そして切ないラストシーン。
スンヒを裏の自分から守るため自ら命を絶つのですが、この笑顔でスンヒも見ている私たちも救われる最高の笑顔ではないでしょうか。
彼の持ち味を引き出してる演出家&監督さんはすばらしい!(^^)!



ちなみにゴッホが「ひまわり」を描いたころ、彼は精神病を患っていたそうです。
精神学上から見ても、彼の絵に多く用いられている鮮烈な黄色は、

精神の不安定さ

を表しているともいわれているそうで、この「ひまわり」を描いた時代、ゴッホはゴッホが自らの耳を切り落とすという衝撃的な事件を起こしています。
そしてひまわりの花言葉は「あなたを見つめる」

まさしくストーカーそのものですね。

これはBHssiだから出来た役ではないかと思います。
こういうの、得意ですよね。

という感じで表と裏の顔を見事に演じ分けてるBHssiはやっぱり素敵~♪
演出は申し分ないので、脚本さえもっと緻密に出来ていればもっと評判の高い作品になったのではないかと思います。 himawari2.jpg
そしておそらくこのドラマのネックになっているであろうがたくさん出てくること出てくること。
ウハウハいいながら、キャプしちゃいました。 tesu.jpg

そしてオールインで共演したテス君
(役名が分からない(-"-)
彼は、声の出演だけではかわいそうだからなんか役でもあげようか・・・といった感じで出してもらったのでしょうかね?
テソンの裏の声が、テス(だから役名が分からないのよ)だから、最初は混乱して、テスに操られてるのか?
なんて思ってしまいました。
彼の出番があるぐらいならもう少しテソンのことを細かく描いてくれよ~と思ってしまいました・・・
どうしてテソンが二重人格者なのか、その辺ももっと詳しく描いて欲しかったなあ。




以上、私の初見の感想。「演技力」と「演出力」でかなりお気に入りの作品5本の指に入りました。
今まで見ていなかったのがもったいないぐらい。
未見の方、ぜひおすすめです。
そして、検証してみたいネタも発見!
じっくり検証してまた後日ご報告いたします。

スポンサーサイト

コメント

まとめレス②

v-299 viva!さんへ
テスの声って『オールイン』の時も吹き替えだったし、あまり知らないよね。だから気づきにくいと思います。
手キャプ、またシリーズ化してそちらに貼り付けましょう(笑)

v-299 キムちゃんへ
怖いというよりも、ハラハラドキドキさせられるお話ですね。
結末が分かってると安心して見れるし(~_~;)
ぜひ、もう一度見てください。
検証ネタもあわせて楽しんでね~♪

v-299 hacchanへ
役名を教えてくれてありがとうo(^-^)o
チョン・ユソクですね。φ(..)メモメモ
また上の検証記事も読んでください。

  • 2006/03/01(水) 00:56:50 |
  • URL |
  • みみしゃ #
  • [ 編集 ]

まとめレス①

v-299 ともきちさんへ
ミンチョル風のテソン、ありましたねo(^-^)o
不明の画像はジャケット用だったんですね。
確かに、ぜんぜんテソンっぽくないわ(-"-)
サスペンスといえば「火サス」。
ぜひ、BHssiにも刑事役か犯人役で出てもらいたいです。

v-299 chokolatさんへ
こんばんわ。
きっとテソンの二重人格をつかむのに苦労したと思います。
体力的にはミンチョルがしんどかっただろうね。
せっかく2時間もあるのだから映画のようにもっと緻密なストーリーにしてもらいたかったです。
BHssiのすごさを改めて実感できた作品です(^^)v

  • 2006/03/01(水) 00:51:23 |
  • URL |
  • みみしゃ #
  • [ 編集 ]

私も好きです~、この作品。

こんばんは~、みみしゃさん。かなりお久しぶりのカキコになります・・・。ごめんなさいね。
「ひまわり」はレンタルで見たのですが、かなり印象に残っています。役作りがすごいですよね~。まるっきり別人の雰囲気で演じ分けていて、これで、ますます好きになりました。包丁をにらむシーンは怖い・・・でも好きです。
ゴッホの絵はすごく象徴的!ひまわりの黄色にとらわれた二人・・・。割と、心の闇とか人間心理を探った感じのドラマ好きです。
最後に、テスの役者さんの名前はチョン・ユソクssiです。

  • 2006/02/28(火) 21:27:35 |
  • URL |
  • hacchan #
  • [ 編集 ]

ストーカー・・・・

みみしゃさん、viva!さん、みなさん、こんばんは~♪v-222
うぅぅぅ・・・私,最初ひまわり見たとき・・・一回見れば充分と思ってたんですよ。
だって、v-12怖かったんだもん・・・それに、テソンが可哀想・・・って
・・・でも、こうして、みみしゃさんや皆さんのコメント見てたら・・・怖い気がしない。
反対に、切ない気持になるし、改めてビョンホンssiの演技力に惚れ直しちゃい
ましたv-10そして・・・オールインのあの、復習に満ちたお顔のテスが、
ひ弱な役になって・・・なんだか、可哀想でした。v-409
最後が・・最後が泣けた・・・それに・・・最後までヒロインに愛されなかった・・・テソン
切ないわぁ~v-406

  • 2006/02/28(火) 21:17:50 |
  • URL |
  • キムちゃん #
  • [ 編集 ]

みみしゃさん、おはようございます^^

あ、5本の指に入る? 私も同じです~^^ 何だか嬉しい♪

脚本かぁ・・・演出と、ビョンホンシの演技に引き込まれて、気づかなかった(ーー;)
確かに、あの熱演がなければ、「何じゃこりゃ?」って作品になっちゃったかも、ですね・・・・(¬.¬)ウンウン
手のキャプ、いいですねぇ!! イタダキマスm(_ _)m

>テソンの裏の声が、テス(だから役名が分からないのよ)だから、

そうだったんですか?! 気づかなかった・・・・
やっぱり買おうかなぁ・・・・禁断症状のついでに^^;

  • 2006/02/28(火) 09:27:33 |
  • URL |
  • viva! #
  • [ 編集 ]

みみちゃん ご無沙汰。

おはよう♪ ご無沙汰しててゴメンね。
う~ん・・・ひまわりネ。 chokolat も好きですよ。 やはり BHさんの
すばらしい演技力とラストの切ない部分とキスシーンが涙を
そそるかな?この役って むずかしかったよね、 きっと。
でも 長期戦だから ミンチョルのほうが大変だったかナ?

  • 2006/02/28(火) 06:55:07 |
  • URL |
  • chokolat #
  • [ 編集 ]

ひさしぶりです~。

みみしゃさん、そうそう、わたしも、これ結構、好きです。ミンチョル風味あるし。
見たあと、最初の文句は、ジャケ写でした。新しい写真つけたな(イナぽいもの)違う~て、
ひまわりは、、入隊、ハッピー、と重なった時期に撮ってるのにね。

次の文句は紹介文?かな。ぜーんぜん、怖くないよねえ。TVの2時間ものサスペンスですね。
話は、なんかヒロインも彼もよくわからないし、
ただ、演技は魅せられました。一箇所だけ、
ハルクか~!と笑いそうになるとこで、シラケましたが、おおむね、サスペンスのムードには
ひたれました。

去年話題の「サムスン」があの投げられる女優さんで、きれいなだけでは、残れない厳しい
世界なのねえとおもってました。

  • 2006/02/28(火) 00:46:08 |
  • URL |
  • ともきち #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。