Dance with Byunghun

BHssiに踊らされる私とその日常生活を紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏物語 【ネタバレ感想】

こんばんわ^^

映画館で配布されたニュースレターですが、配布がなかったところもあるそうなので、お仲間さんからいただいたのでよかったらどうぞ^^

          s-letter01.jpg  s-letter02.jpg 
              ↑ 表        裏 ↑


さて、とりあえず今現在の感想を。
以下、ネタバレありです。
文中のセリフはうる覚えなので、間違っているでしょうが、ご了承ください<(_ _)>

何度見ても、私は泣いてしまう物語です。
BHssiやスエちゃんがすごいのはもちろんですが、この映画の音楽が私の琴線に触れて、より一層心をグラグラと揺さぶられてしまいます。

昨夜、OSTを聞きながら余韻に浸っていたのですが、それだけでもう涙が。
結局泣きながら寝入ってしまったので、今日の朝は一体何事だ?というぐらいはれぼったい目をしていました。

070128-03.jpgソギョンとジョンイン。
お金持ちのボンボンとアカ(共産主義者)のレッテルを貼られた田舎娘。
ソギョンはどうしてこんなにジョンインに惹かれるのか?
おそらく外見的な魅力よりも、不思議な存在が魅力的に見えたのでしょう。
どこか自分と似た、疎外感を漂わせる田舎の彼女・・・
だから、ついついちょっかいをだして、彼女の気を引こうとデートに誘ったり、映画鑑賞を演出したり。
自分が側にいれば、こんなに楽しいんだよとアピールする必死なソギョン。
この後の別れが分かるだけに、その屈託のない笑顔、純真な気持ちが余計に痛々しく私の目に映ります。


070128-02.jpg出会いも再開もデートの間も、二人は濡れてばかり。
ジョンインとの間にある二人の雨や川。
キーポイントになっている石も、魚をモチーフにしたもの。
魚が水なくして生きれません。
ジョンインを置いて一人でソウルに帰れなかったソギョンとそのソギョンの胸に飛び込むジョンイン。
二人が求めていたもの、一番欲しかったものは寂しい心の渇きを潤す水のようなお互いの存在だったのではないかと思います。

その後、二人の運命は翻弄されて、ようやく一緒に生きていけると思った矢先、ジョンインはソギョンを思って、彼の手を離す決意をします。
その分かれのシーンが、私の涙のツボです。
070128-01.jpgジョンインの手を離したソギョンが最後に振り返り、“笑って”といわんばかりに見せるこの笑顔。
手を離すことを何度も躊躇していたジョンインですが、スネリ村での最後の言葉「私たち、笑って別れましょう」と言ったていた約束が皮肉にもこんな形で果たされてしまった・・・けれども、この笑顔があったからこそ、ジョンインも笑顔で手を振って、彼から離れる決意が出来たのだと思います。
芯の強いジョンインの姿が、とっても美しくて、切なくて。

お互いの存在を必要としながらも、手を離さなければならなかった悲しい現実。
そして、手を離してしまったことを悔やみ続けて、探し回ったソギョンを最後に彼女の元に導いてくれた一枝のヒノキ。
 “私は幸せよ、元気にしているわ、心配しないで”
このひと言に誘われるように、彼女の最後の姿を確認するソギョン。
目からあふれる涙を見て、ジョンインはひと言
「泣かないで笑って」といいます。
その言葉につられて、最後の微笑を見せるソギョン。

ジョンインに見えるのはいつまでも、あの駅で別れたソギョンの笑顔だったのでしょう。
その笑顔を心に、残りの生涯を過ごしていったのだと思います。

作品全体を通して、根の強いジョンインと、お坊ちゃま育ちのソギョンのコントラストが興味深かったですね。
ソギョンは彼女ためにいろんなことをしてあげながらも、実は彼女から教えてもらっている、彼女に勇気付けられている部分があるのではないでしょうか?
ちょっと守ってあげたくなるような、甘え上手・・・そんな姿をソギョンの中に見てちょっとほほえましく思えるのでした。

情景も素朴な田舎の生活を垣間見ながら、自分は日本人で、その時代に生まれていなかったにも関わらず、なんとなく懐かしい雰囲気の残る田舎の風景・・・これもアジア人のDNAかな?となんとなく映画に共感できるところが妙にうれしかったりしました。

きっとたくさんの見方、たくさんの涙のツボ、たくさんの感想があると思います。

映画自体にケチは付けたくないのですが、
もうちょっと編集はなんとかならんのかなあ?
監督はこの作品にどんなメッセージを込めていたのかなあ?
最終的にはノベライズを読まないと理解できないってどうよ?
といろいろ思うところも正直あります。

それでもイ・ビョンホンファンとして、彼の魅力たっぷりの演技とスエちゃんを抜擢したその確かな目に満足以上の言葉はありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントありがと^^

e-243 びばさんへ
まあ、携帯からも見ていただいたんですね。
そして朝から涙されてたとは・・・
そんな大そうなことを書いたつもりではないのですが、この二人がなんでこんなに濡れるんだろう?とちょっと疑問に思っただけです。
では、10枚綴り頑張ってくださいo(^-^)o

e-243 みっきーさんへ
この映画で涙する人、しない人、いろいろいらっしゃると思います。
それでも、何度か見たり、ノベライズで補足したりすると、新しい発見があってソギョンやジョンインの感情が伝わってくると思うんですよね。
BHssiの共演女優さんは皆さん、輝いてますよね~♪

e-243 エネコさんへ
遠いところの映画館まで遠征されたんですね。
ご苦労様です。
実は、早くDVD発売して欲しいんですよね。
そしたら家で声だして大泣き出来るから~(T△T)

  • 2007/01/30(火) 00:40:31 |
  • URL |
  • みみしゃ #
  • [ 編集 ]

みみしゃさん、こんばんは~
今朝は仕事に出かけるよりも早くに家を出て
車で1時間かかる映画館へ行ってきました。
観てきましたよ! 夏物語
やはり私も泣けました。
ソギョンとジョンインが警察の尋問を受け
お互いを「知らない」というあたりから涙がとまらず
駅で別れを決意したジョンインがソギョンの手を離すことを
戸惑っているところで、号泣v-406でした。
私は予習していったおかげで、内容が理解しやすかったです。
何回も見に行きたいところですが
上映している映画館が少ない!遠い!期間が短い!
私にとって次はDVDかなぁ~


  • 2007/01/29(月) 21:30:03 |
  • URL |
  • エネコ #
  • [ 編集 ]

うる、うる・・・・(T_T)

みみしゃさん、こんばんは♪

みみしゃさんの文章を読んだら、泣けてきました・・・・・
はっきりいって、まだ1回しか見てないけど、最初は、それほど
泣けませんでした・・・・
でも、家に帰ってノベライズ本を読んで、より内容を理解したら、
本を読みながら嗚咽してしまいました。

ソギョンとジョンインの笑顔や、切ない瞳を思い出して~
きっと、今度見たら号泣するかも・・・・v-406

私も、駅での二人のシーンは、今思い出しても涙がでます。
ビョンホンssiが推薦したスエssi。ほんと、すごい女優さんだよね。
ビョンホンssiが今まで、共演した女優さんの中で、1番好きに
なりました。

  • 2007/01/29(月) 19:36:46 |
  • URL |
  • みっきー #
  • [ 編集 ]

おはようございます。
みみしゃさんの感想を読んでまたまた涙~(;_;)
映画館オープンの列に並びながら携帯を見つめ、鼻水をすする怪しい女は私です(>_<)
水かあ~なるほどです!
今回はそれを意識しながら観てみよう♪

その前にあの10枚綴りチケットを出すのが恥ずかしいんですけど…(^_^;)

  • 2007/01/29(月) 09:57:30 |
  • URL |
  • びば@携帯 #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。