Dance with Byunghun

BHssiに踊らされる私とその日常生活を紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夏物語』と私

土曜日、韓国版を見てきました。
そして、最後のエンドロールで号泣してきました。
やっぱりオリジナルはいいです~(T△T)

オリジナルバージョンということで、上映時間も5分長い韓国版だと思っていたら、日本版と全く一緒で、音楽だけが本来の音楽(Yesterday When I was Young)に差し替えてありました。

結局、ソウルで見たものが夢か幻か・・・
となんだか自信がなくなってきました。
いろんなサイトで動画を見ていて、それが知らない間に頭の中にインプットされていたのかもしれません。

詳しいことが言えずにごめんなさいね。

さて、ベタなタイトルですが以下、個人的感想です。




070228-01.jpgソウルでエンドロールまで堪能できず、消化不良のまま終わっていたので、やっと私の『夏物語』が完結したような気がします。

公開して早1ヶ月。
2月も終わりになりました。

公開当初は、映画としてどうなんやろう?
と完成度が気になったこともありました。

新作決定の発表があったのが去年の3月。
長い冬の間待ち続け、ちょっと沈みがちだった気持ちが一気に開放されたそんなウキウキする春だったような感じでした。

それからポスター撮影の様子、ドームのファンミで衣装合わせや打ち合わせの様子を見ることができ、クランクイン、現場での記者会見、クランクアップ。
あっという間に夏が過ぎ、私はネタバレも気にせず必死に『夏物語』の製作過程を見続けました。

彼のファンになってすぐに『誰ひみ』が公開中のことを知り、映画館へ行きました。
そして気がついたら『甘い人生』はクランクアップした後。
あの時はBHssiのブログが楽しい思い出でした。

けれども、今回は韓国へ足を運んで現地で生の舞台挨拶を見ることができ、言葉が分からなくても、現地で映画を見ることができました。

070228-02.jpgそして1月、お年玉のようにジャパンプレミアに当選し、PRで来日したキラキラ光り輝く彼に会うこともできましたた。
この1年間、BHssiと『夏物語』を見続けることができ、私は本当に幸せだったなあと思います。

だから、完成した作品に多少不安を感じることも親心なのかも^^?

私がBHssiの映画を見て涙を流したのはこの作品が始めてです。
『甘い人生』も『バンジージャンプする』も最後はウルウルきましたが、涙がこぼれることはありませんでした。
彼のファンを続けていて、彼の作品を見てグラグラと心を揺さぶられて、良かったなあと思っています。

神戸で公開初日の1回目を見に行き、ほぼ満席の場内を見て、
「ついにこの日が来たんだな」と思うと、胸がいっぱいになり本当にうれしかったです。
みんなでいろいろ映画の感想や意見を交換したことも楽しかったです。
まだ、これから上映になる地域もありますよね。
DVDが出てやっと見れた!っていう方もいらっしゃるでしょう。



また春がやってきます。
そろそろ次の作品の話題もチラホラ聞こえてきたことだし、私の『夏物語』は一旦ここで終わりにします。
でも、次回作が公開されるまで、まだまだ彼の作品をいろいろ楽しんで新しい1年を過ごせたらと思っています。
いつでもどこでもかまわないので、皆さんのご意見・ご感想をお待ちしています<(_ _)>
スポンサーサイト

コメント

コメントありがと^^

v-471 chokolatさんへ
こんばんわ^^
相変わらず早起きのようですね~o(^-^)o
この1年間、写真集発売やドームのイベントやらいろいろあったけど、やっぱり『夏物語』の完成がうれしかったですね。
彼が大好きな映画だからこそ、みんなで盛り上がれてよかったなあと思っています。
次も一緒に踊りましょう~o(^-'o)♪☆(o^-^)o~♪

v-471 みなとみらいさんへ
こんばんわ^^
ロイ・クラークの歌声も渋くっていいですし、曲自体もとっても哀愁漂っていて素敵ですよね(^◇^)
映画音楽がいかに重要なのか、よ~~くわかりました。
エンドロールもぴったりだったし。
次の作品では新しいことにチャレンジできるといいですね。
いいタイミングで、チャンスが訪れるような気がします(*^^)v

v-471 ナナさんへ
こんばんわ^^
『夏物語』の企画の段階からすればもっと長い年月がかかっているので、私たち以上に製作者側はもっともっと思い入れが深いんだろうなと思います。
足りない部分をノベライズで補足したり自分なりの解釈で納得させたりと、彼の作品は一筋縄ではいかないけれども、それが楽しいのよね。
韓国版の感想、また聞かせてください^^

v-471 ぽえむ☆さんへ
こんばんわ^^
>照る日曇る日さまざまですが・・
そうでしたねえ。喜んだりがっかりしたり、何かとBHssiには振り回されましたね^^;
だから余計に目が離せないってこともありますね。
私もロイ・クラークの曲を聴いて、ドーンと胸に重く乗った感動が今でも忘れられません。
『帰り来ぬ青春』っていう邦題もいいですね^^

v-471 viva!さんへ
こんばんわ^^
最初はぜんぜん違う感想を書いていたんだけど、ふと去年の製作決定の記事を目にしたので、いっきにこの1年のいろんな思い出がよみがえってきました。
行き当たりバッタリで書きながらも、なんだか深く考えすぎではと思ったり。
でも自然と文章が思い浮かぶっていうことは、やはりそれだけ思い入れが深い証拠なんでしょうね。
ああ~『夏物語』もう1度劇場で見れたらいいなあ・・・

  • 2007/03/01(木) 23:20:47 |
  • URL |
  • みみしゃ #
  • [ 編集 ]

ふけぇ・・・

さすが、みみしゃさん・・・発表からの一年間までも思いをはせてらしたのね^^
そういえば、そうですよねぇ~どれもこれも、長い時間をかけて作った作品なんですよね。
ふけぇ・・・・! 今頃気づく私^^;;;

私は「甘人」「バンジー」は、実は「むむむ・・・・・?」な感想だったのですが、
この「夏物語」は思い切りツボな作品でした。
観る人、それぞれのツボがあるんですよね。

そうそう、日本上映版と、韓国上映版との違いはないと思ってました。
といっても私は韓国で2回しか観てないので、確実とはいえないんですが・・・
上映時間も劇場によって表示が違いますよね。
「135分」なんて劇場もありました。
謎の5分はそのへんから発生したのかな~なんて思ってます。
公開前から、動画もずいぶんあちこちで出てましたもんね。
私も混乱しました(>_<)

それにしても、あちこちの動画で観られるカットシーン、多すぎだ~!
ディレクターズカットで、入れて欲しい! 激希望!!

  • 2007/03/01(木) 16:21:39 |
  • URL |
  • viva! #
  • [ 編集 ]

冬の夏物語

こんばんは

夏物語と共に楽しく踊った1年でファンにとっても幸せでしたね^^

いろんな声が有り・・
照る日曇る日さまざまですが・・
ソギョンに出会った今年の冬を忘れません
ボロボロ泣きながら観た日の帰りの日差しの眩しかった事・・

郷愁に浸ったひと時の余韻・・・
きっといつまでも鮮やかに胸の奥深くに残り消える事は無いでしょう。

>「彼のファンを続けていて、彼の作品を見てグラグラと心を揺さぶられて、良かったなあと思っています」

↑本当に同じ気持ちです~そんな感性の貴女の部屋のファンです^^

拘りの有る俳優・LBHさんのこれからが楽しみですね(^^♪
ありがとうございました^^

  • 2007/02/28(水) 23:01:50 |
  • URL |
  • ぽえむ☆ #
  • [ 編集 ]

やっぱり好きです

みみしゃさん♪
またまたこんにちは
韓国版観ていらしたんですね
いいなぁ~
こうしてみると、映画って、発表から公開までとても長い時間が必要なんですね
そっか去年の3月に発表されたんでしたっけ
私もみみしゃさんと同じくらいからファンになったので、発表から公開まで知っているのは『夏物語』が初めてです
韓国で観て、日本で3回観ました
色々思うところはあるけれど、観慣れていくからか、ノベライズを読んで隙間が埋まったからか、どんどん好きになっていきます
韓国版DVDも思わず購入(^^ゞ
『夏物語』でまた新しいビョンホンさんを見つけられた気がします♪
次回作でも、まだまだ知らない顔を見せてくれそうですね
楽しみ~☆

  • 2007/02/28(水) 14:52:11 |
  • URL |
  • ナナ #
  • [ 編集 ]

おはようございます

みみしゃさん、おひさしぶりです。
韓国版みてきました。4回目でしたが1番泣けました。
ロイ・クラークの歌は涙腺を刺激します。
「夏物語」、プレミアにも行けたし私にとって心に残る作品になりました

まだ1度も韓国に行ったことがないので今年は行きたいと思っています。そして来年の「奴、奴、奴」の韓国試写会に行けたらと夢みています。


  • 2007/02/28(水) 09:47:58 |
  • URL |
  • みなとみらい #
  • [ 編集 ]

BHさんありがとう

みみちゃん おはようございます
chokoも韓国版を見て来て やっと 「夏物語」にありがとうを
言えるようになりました。 こんなに劇場に通ったこともなかったし
みみちゃんとおなじく 最初は 正直・・・1年半待って これ?なんて
思っちゃいました。だけど スエちゃんの演技が なぜか 忘れられず
取り調べ室に とても感動した私は 腕のなかで お人形のように
抱きしめられるスエちゃんに 幾度も涙を流しました
発表から公開まで そのあいだに 彼の来日などもあり
いちばん嬉しかったのは みなさんとともに 彼を見つめて
行けたことかしら。 もうすでにつぎの作品がきまっているのも
嬉しいですよね。 また 彼に踊らされて みみちゃん 一緒に
泣いたり笑ったりしましょうネ。
とっても素敵なレビューでした。 ありがとう

  • 2007/02/28(水) 04:08:09 |
  • URL |
  • chokolat #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。