Dance with Byunghun

BHssiに踊らされる私とその日常生活を紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンミ月間 生祭り~♪ その1

VFSH0001.jpg今日はお誘いを受けてイ・ジュンギ君JAPAN First Fan Meeting in Osakaに行ってきました。
『王の男』のコンギル役でおなじみの彼。
知ってはいるけど、さほど興味も湧かずそこまで深入りしないまま過ごしていました。

大阪でイベントにいけるチャンスは限られているし、とにかく参加者全員参加の握手会があるということで、これはチャンス!と思い楽しんできました。

2600人ほどの会場に2500人ほどの入りだったでしょうか?

VFSH0002.jpgジュンギ君、1982年生まれの25歳。
一番旬の時でしょうね。
BHssiを見慣れてると、仕草がやっぱりかわいいなあと思えたり、無邪気な笑顔に胸がキュンとしたり(笑)
トーク中、ずーっと体を左右に揺らしていたのが妙に気になったりしましたが、それは彼の癖だったのでしょうか?
ここにも落ち着きのない人を発見(笑)

歌あり、ダンスあり、抽選プレゼント会も。
京都に滞在して撮影していたからでしょうか、日本語もお上手♪
ファンとの交流を楽しむ彼の姿に、BHssiとはこういう直接的な触れ合いがないのが残念というか、やはりイ・ビョンホンは遠い存在なんだなあと改めて思いました。

VFSH0003.jpg1時間半かけて一人一人と握手するジュンギ君。
私も漏れなく参加しました。
後半だったので、握力のなかった彼の手をギュっと握ったらその柔らかいこと(*^_^*)
プニプニしていてマシュマロみたいな感じでした。
そして、覚えたての韓国語
「ポゴシプタ~(会いたかった)」←ホンマか^^?
というと、ニコっと微笑んで「アリガトゴジャイマス」と答えてくれました。
もちろん、本当に会えてうれしかったんだけど、
よし!通じた! これは使えるo(^-^)oという実感がうれしかったですね。
本当にファンとの交流重視の、ファンミーティングでした。

それにしても3時間半(実質2時間?)のイベントでした。
どうしてもBHssiと比べてしまうのですが、BHssiのドームでのフイベントがいかにエンターテイメントとして完成されていたものだと実感しました。
プログラム運びも通訳さんとの掛け合いも無駄がなく、秋元康というプロデューサーを立てただけのことはあったと思います。
もちろんファンを大事に思って構成されていたので、ファンミーティングには変わりないのですが、4万人の観客をひと時の夢の世界へ連れて行ってくれた、今日のファンミと比べるとショーでしたね。
BHssiがタイトルから「ファンミーティング」という言葉を省いて欲しいと希望を出した意味が、やっと分かったような気がします。
それだけのイベントを成功させたBHssiを改めて尊敬するとともに、今日、日本で新しい一歩を踏み出したジュンギ君に、これからも頑張って、10年後、彼が日本で、韓国で、世界中で認められる俳優さんになってもらいたいなあという気持ちです。

何よりも今日のファンミに参加出来たのは、BHssiを通じて出会えたお仲間さんのおかげです。
住む所が遠く離れているけどこうやって久しぶりに会うことができたし、しばらくご無沙汰だったのにメールでおしゃべりできたり。
「ちょっとジュンギ君の出演番組録画して~」と頼ってくれたことが何よりもうれしかったです。
彼が結んでくれたご縁が、これからもずっとずっと続けばいいなあと思います。
お二人のお仲間さん、そしてBHssiに感謝です。
チョンマルコマスミダ~<(_ _)>
スポンサーサイト

コメント

mioさんへ

こんばんわ^^
あっという間に1週間たちましたね。お誘いありがとうございました。
今まではBHssiしか見えてなかったのですが、このところちょっと他の俳優さんにも興味が出てきて、いろいろ楽しんでいたところだったので、とってもいい経験になりました。
握手できるなんて、人生初めての体験だったし^^
これからも彼の映画がいろいろ公開されるから、より一層注目されていくでしょうね。
こちらこそ、ありがとうございましたヽ(^。^)ノ

  • 2007/03/18(日) 23:24:31 |
  • URL |
  • みみしゃ #
  • [ 編集 ]

久しぶりに♪

みみしゃさん、久しぶりにお会いできて本当にうれしかったです♪
もう1週間もたつのですね^^
ブログに記事をUPしてもらって、とってもうれしかったです☆
コメント残そうと思ってたのに、、遅くなってしまってごめんなさい^^;
ジュンギ君のファンミでまさかお会いできるようになるとは、思ってもいませんでしたね。
たくさんのソンムルも頂いて、本当に感謝しています。
それから、私のお願いも快く引き受けてくださってとってもうれしかったです!!
今が旬の俳優さんのイベントは、ビョンホンssiとは違って、とても近くに感じる場でもあるのですが、その反面、ビョンホンssiの人気のすごさを改めて実感する機会でもあります。。
きっと、初めはビョンホンssiもこんなFANとの関わりから始まって、今では手の届かないくらいのスターになってしまったんだなぁと思います。
みみしゃさんが言うように、去年のドームイベントの完成度がいかに高かったか本当にあのドームイベントは素敵な時間でした。あの日の感動は今でも忘れられませんよね☆彡
まさかジュンギ君にも興味を持つようになるなんて、自分でも想像もしていなかったんだけど^^;
でも、とってもいい子なんですよ☆
俳優のお仕事に対する意欲、熱意も若いのにしっかりしてるんです。
ついつい、ビョンホンssiと似てるなぁなんて思ってしまいます。。
あと落ち着きの無さ?(笑)も似てますね^^;
意外とビョンホンFANのお仲間とニアミスしているかもしれませんね♪知っていたら、おととさんにもお会いしたかったです☆
私も、ビョンホンssiが結んでくれたご縁に感謝いたします。
バタバタしてしまって、ゆっくりできなくて本当にごめんなさい。。
みみしゃさん、本当にありがとうございました。
またきっと会えますよね^^

  • 2007/03/17(土) 17:02:12 |
  • URL |
  • mio #
  • [ 編集 ]

紫さんへ

こんばんわ^^
エウルの件、メールしましたのでまたチェックしてくださいね~♪

  • 2007/03/12(月) 21:41:23 |
  • URL |
  • みみしゃ #
  • [ 編集 ]

色付きの文字若さも新鮮(^-^Vでも^^やっぱ!ビョンホンssi~♪ね(^-^Vところでv-12紫(T〇T)3月号の「エウル」が、手に入らない~!!みみしゃさん、持っていたら、内容紹介して~m(__;)m

  • 2007/03/12(月) 15:05:07 |
  • URL |
  • 紫 #
  • [ 編集 ]

こんばんわ~♪

v-290 ともきちさんへ
この数日間、いろいろ予習しようと思って手持ちの雑誌のジュンギ君のページを熟読してました^^
苦労して韓国を代表する俳優さんになっただけあるなあと思いました。
これからの活躍も楽しみですね。
「袖触れ合うのも多少の縁」と言いますし、今後もきっと応援していきたいですね。
ドンゴンさんもきっと迫力だったんでしょうね^^
私もこちらであれば行きたかったです!
キム・レウォンさんもファンミしてたし、今月は目白押しですね(^_-)-☆

v-290 おととさんへ
こんばんわ^^
ご丁寧にありがとうございますo(^-^)o
昨日はニアミスだったんですね~(笑)
私は一応青いペンライト持参で黄色い声援送ってました♪
今日のランチ&トークショーの参加は遠慮したんですよ。
その2はまた後日(^^)v

  • 2007/03/11(日) 22:22:03 |
  • URL |
  • みみしゃ #
  • [ 編集 ]

生祭り~♪

みみしゃさん こんばんは!
カキコのお礼に 覗きにきたら←コレコレ。
きゃぁ みみしゃさん じゅんぎ君ファンミ会場にいたのねぇ。
ワケアッテ2階席から 余裕の観察してましたぁ~(^o^)/
ファンミ月間 生祭りその1 てことは 2があるのね。
楽しみにしておきます。
(今日のトークショー??)

↓ともきちさん発見! 
じゅんぎ君て 結構 人気あるのね。

  • 2007/03/11(日) 21:04:20 |
  • URL |
  • おとと #
  • [ 編集 ]

うれしい

王の男、みてとても彼に冷静に興味もってる方、周りに多いですよ~。わたしも。で、映画の広報で話してる様子では、とても男っぽくて、けっして、コンギルのイメージ、売りじゃないとこに、彼のこれからも期待してるの。
自分を客観的にみてる人で、その冷静さが、オーデイションでコンギル役、つかんだようで、若いし、応援していきたいです。

生TV出演なんてスゴイ。握手も。みみしゃさん行ってくれてよかった。こちらであったら行きたかった。合作映画はそれなりに、楽しみです。

実は、チャミッスルの人の行ってきた。歌手のようでした~。圧倒された。招待でするとこもスゴイです。素敵でした。

  • 2007/03/11(日) 13:51:41 |
  • URL |
  • ともきち #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。