Dance with Byunghun

BHssiに踊らされる私とその日常生活を紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンミ月間 生祭り~♪ その2

こんばんわ^^

気持ちの良い春分の1日でしたね(*^^)v
お出かけにはぴったりの陽気で、朝からソルソルo(^-'o)♪☆(o^-^)o~♪

友達から1本の電話があったのは、折しも『宮』の24話、車で去るシン君をチェギョンが追いかけていく涙涙のシーンの時でした。
「チュ・ジフンの大阪のファンミ行く?」
     シン君に会える~~
本当に私が行ってもいいのだろうか?
しばし悩みました。
チケット発売のとき、一応申し込みはしたけど会えなく撃沈だったし、このタイミングでシン君見てたのも何かのご縁だろう・・・
週末いろいろ考えてOKのお返事をしたのでした(*^^)v

それからはもう毎日が楽しみで楽しみで^^
間にジュンギ君のファンミのお誘いもあって、今月は私にとってはめずらしくイベント月間となったわけでした。

まず会場入り口には『宮』の衣装やパネルが展示してありました。
jihun01.jpg
韓国の衣装は色が鮮やかできれいですね。
見ているだけでも気分が晴れやかになるような感じでした。
ジフン君の衣装も襟元や袖口には細かい刺繍がしてあって、小道具にもこだわってドラマが作られていたことが伺えました。

jihun02.jpg
パネルはずらっとこんな感じ。
モデルのジフン君、プライベートなジフン君、いろいろでした。
あまり彼のこと知らないだけに新鮮で思わず見入ってしまいました。

jihun03.jpg
会場は1400人程度の収容人数。
2階席でしたが、これまたちょっと距離を置いてイベントを楽しめたので、私にはちょうどよかったのかも。
それに2階席には大きなサプライズが待っていましたしヽ(^。^)ノ

jihun04.jpg
登場したジフン君は、やはりシン君からイメージチェンジしてました。
あの、ちょっとほっぺたのぽちゃっとした感じが好きだったのですが、今日から始まるドラマの役のせいでしょうか。
すっきりとした顔立ちに最初は違和感ありましたが、今の方が大人っぽいしすっきりして慣れたら今の方が好印象になりました^^
最初はカジュアルな感じでインタビューやトークショー。
生まれた時から幼少期、中学時代(?)の写真を見ながら思い出を語ってくれたり、ファンからのリクエストに応えてモデルウォークを見せてくれたり。
どこぞの誰かさんみたいにもぞもぞ動くことなく(爆)、司会者さんや通訳さんが話している間はしきりに客席のファンに手を振ってくれてました^^

jihun05.jpg
次はファンと一緒にゲーム&じゃんけん大会。
Wiiを使ってまず自分のキャラクター作りから!(^^)! ↑こんなの作ってました。
そして3名のラッキーさんが壇上でジフン君と一緒にゲームができたのですが、なんと前の席の方がめでたく壇上に!
後で感想を聞いたら、緊張で手が震えて機械を満足に手で持てなかったとおっしゃってました。

jihun06.jpg
そしてお目司会の合間に必ず流れていたのが、雑誌か何かの撮影風景。
そして衣装も変えて、歌を2曲披露。
緊張していたのでしょうか?ちょっと音が外れたりしたけど、それもまたご愛嬌(^^)v
何をやってもかわいい~♪と思わせてくれるということは、私が彼にはまった証拠かなと(笑)

jihun07.jpg
そして2階席のサプライズ!
なんと、プレゼントタイムでは私の隣の席の方に、サイン入り色紙が当たりました(^O^)/
遠路はるばる九州から日帰りで来られたかわいいおばちゃん。
ジフン君の次に今日の準主役になって、周りから「サインの写真を撮らせて~♪」と大人気でした。
私もお隣のよしみで1枚パチリ(^_-)-☆
自分の近くの席から数少ないラッキーさんが2名もいたので、なんだか私までうれしくなってしまいました。

そして最後は握手会。
一人一人、ギュっと手を握ってくれてニコっと微笑んでくれたジフン君の顔はと~~っても小さかったです。
そして一人一人にバラのプレゼントも。
2日間で3000人の握手イベント、本当にご苦労様でした。

jihun08.jpg
最後はファンからの寄せ書きやメッセージをプレゼント。
ジフン君は「今日は楽しく過ごすことが出来ました。いつまでも心に残る思い出を作って帰ります。また皆さんとお会いしたい気持ちでいっぱいです。」というとっても新鮮なメッセージで締めくくりました。
私は、気がついたらジフン君の満面の笑みを見ながらいつまでも手を振っていました。



今回は写真撮影OKだったため、ちょっと気合いを入れてレポしてみました。
ミンチョル好きにはシン君好きが多い見たいですしね。
公式ファンクラブもなく、関西ではまだ地上波でのドラマ放送がないのにも関わらず、『宮』というドラマだけでこれだけのファンを集めたジフン君の魅力にこれからもちょっと目が離せないなあという感じです。

でもね、やっぱり私はBHssiが一番です(*^^)v
スポンサーサイト

コメント

コメントありがと^^

v-20 ナナさんへ
ただいまです~(^_-)-☆
シン君から入った私は、細身の彼にびっくりしたのですが、やっぱりモデルさん!顔は小さいし足は長いし、生で見る彼はこれまたものすごく素敵でした~♪
気分転換にこれからもいろんな韓ドラを見て見たいなあと思います(*^^)v

v-20 まりまりさんへ
ビンゴです~^^
皆さん、やっぱり勘が鋭いですね(^_-)-☆
まりまりさんのお席もすごかったですね。
拝見しましたよ←コメントなしで宮根~<(_ _)>
好きな彼のためならたとえ地の果て海の果て~ですよね!

v-20 非公開コメントさんへ
こちらこそ、説明不足ですみませんでした。
でも、喜んでもらえてよかったo(^-^)o

v-20 まさぽんさんへ
今回、行けることが決まったとき、真っ先にまさぽんさんに知らせたかったのですが、ちょっと私の中でいろいろあってご報告が遅れてしまいました。
バラの花はもちろん乾燥中(^_-)-☆
完成したらまた披露するね~♪

v-20 kuido_rakuさんへ
こんばんわ^^
お疲れ出てませんか?
ちょっとこんなことして遊んでました(笑)
ファンとの距離が近いって、本当に素敵なことですね♪
BHssiも昔はこんな感じだったのかと思うとちょっと寂しいですが・・・
今は今で、彼の魅力が満載だからヨシとしよう!

  • 2007/03/24(土) 01:06:36 |
  • URL |
  • みみしゃ #
  • [ 編集 ]

すごいすごい^^

みみしゃさん、こんばんは^^
私がネズミーランドで遊んでいた頃(笑)に、ステキなイベントに
参加されてたのですね~。しかも旬じゃないですか!
それにしても、ファンとの距離が近いのがうらやましいですねぇ。
レポありがとうございました。私も”行ったつもり”になれました^^

  • 2007/03/23(金) 22:30:00 |
  • URL |
  • kuido_raku #
  • [ 編集 ]

オオーw(*゜o゜*)w

みみしゃさん、こんにちわ^^
やっぱり・・・行ったのね~~。羨ましい~~。
でもみみしゃさんのレポ読んだら少しだけ行った気分になれました。
すごいチケット争奪戦だったよね。
これからもっと人気が出て生ジフン君に会いづらくなりそうだけど
1度は生に会ってみたいです(///ω///)

頂いた薔薇の花はドライフラワーにして保存?
ドキドキレポ、どうもありがとう<(_ _)>

  • 2007/03/22(木) 14:01:28 |
  • URL |
  • まさぽん #
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2007/03/22(木) 07:24:44 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

お帰りなさい

こんばんは 
みみしゃさん、ファンミ月間というからもしや・・・と思ったら、やはりでしたね。素のジフニがすごい素敵だったでしょ。
東京も大阪も2度とも撃沈でしたが、運よく昨日東京で参加できました。信じられないくらいいい席!で。
かなり好きです^^大阪があたったら、いつかのように、一人ででも行こうと思ってたんですよ^^

  • 2007/03/22(木) 02:00:29 |
  • URL |
  • まりまり #
  • [ 編集 ]

お帰りなさい~

みみしゃさん♪
こんばんは★
色々な意味でお帰りなさい~
ファンミ月間と言っていたので、もしかして・・・と思っていたら、
やっぱり~
東京だけかと思いきや、大阪でも開催していたのですね!
私は、シン君の時より今の見た目のが好きなので、この姿を初めて見た時、思わず宮仲間(DVDを貸してくれた人、マンガを貸してくれた人)に写真添付でメールしちゃいました(*^^)v
いいなぁ、このシン君だったら、見たかった♪
握手も出来て、楽しそうですね
他にも色々目を向けるのもたまにいいです
私もチョコチョコ向けてますが、一番とその下の差が大き過ぎて、
無問題です!
でもやっぱり、お帰りなさ~い(^_-)-☆

※反語返し、思わず笑ってしまいました(^◇^)

  • 2007/03/22(木) 01:10:39 |
  • URL |
  • ナナ #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。