Dance with Byunghun

BHssiに踊らされる私とその日常生活を紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アイリス』 第4回

5月に入って、ようやく関東のお仲間さんと再会でき歓迎会を開いていただきました。

5年前『美日々コンサート』で上京した際の初めてのオフ会でお会いした方を中心に、おいしいランチをいただきながら、盛り上がりました。
皆さんありがとうございます。

関西メンバーと変わらぬトーク盛り上がりぶりにBHファンは万国共通だと実感します。
BHssiのおかげでいろんなところにお友達ができて、本当に有難いなあと思う今日この頃です。

さて、助けにやってきたと思ったサウに銃を突きつけられて万事休すのヒョンジュン。
サウとヒョンジュンの間にスンヒの存在がなければ、二人が相対することはなかったのかなあ?

この場は北の襲撃に助けられて命が助かりますが、それでもピンチは続きます。
追いつ追われつの鬼ごっこが続き、大掛かりな爆撃まで仕掛けたのにやっぱり捕らえられない北の護衛部・・・

ヒョンジュンの行く末以上に、苦悩しながらも少しづつペクサンの右腕になりつつあるサウの変化が俄然面白くなっていってます。
北の動きに精通しているサウは何者?

それに比べて茫然自失のスンヒ、役立たずです。
上司なら人に頼らず、もうちょっと情報収集できるやろ?
二人で逃げるにしても、普通顔の割れてるヒョンジュンが車に残るやろ~気の利かない女やなあ、とヤキモキ。

見れば見るほど突っ込みどころが増えていく、不思議なドラマです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。